21年NHK大河 主人公に渋沢栄一 富岡製糸 群馬とも深い縁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渋沢栄一

 NHKは9日、2021年の大河ドラマのタイトルが「青天をけ」で、富岡製糸場創設に携わり、群馬県と縁が深い実業家の渋沢栄一を主人公に、幕末から明治期を描くと発表した。主演は吉沢亮さん(25)、脚本は大森美香さん。群馬との関わりがどのように描かれるか注目される。

 東京・渋谷のNHK放送センターで開かれた記者会見で吉沢さんは「光栄な半面、プレッシャーも尋常じゃない。歴代の主演と比べて力不足はあるが、フレッシュに全力で駆け抜けたい」と語った。渋沢の公益を重んじる姿勢に感銘を受けており、「人に愛されるキャラクターとして作っていきたい」と意気込んだ。

 「日本資本主義の父」と称される渋沢は1840年、現埼玉県深谷市生まれ。みずほ銀行の前身の一つである「第一国立銀行」や王子製紙などの設立に関わった。明治政府の製糸場設置主任として、富岡製糸場の建設も主導した。同製糸場の初代場長は、いとこの尾高惇忠。伊勢崎市境島村では、住民が蚕種会社の島村勧業会社を設立する際に積極的に支援した。

 制作統括の菓子浩チーフプロデューサーは「閉塞へいそく感も漂う時代だからこそ、大きな時代のうねりをドラマチックに描きたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事