障害者の力作 一堂に 理解訴えるナイスハートフェア 12日まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 知的障害への理解を訴える第32回群馬ナイスハートフェア(県知的障害者福祉協会主催)が10日、群馬県庁県民ホールで始まった。県内の福祉施設の利用者が作った手芸品など420点が展示されている=写真。12日まで。

 会場には、切手をちぎって張り付けたスタンプアートや色とりどりの絵画、手芸品などが並ぶ。午前9時~午後5時(12日は同3時まで)。11日は正午ごろから、八木節や鼓笛演奏を披露する。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事