滝川一益しのび長昌寺で能 前橋 下平さんら公演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 戦国時代の厩橋うまやばし城主、滝川一益をしのぶ第4回長昌寺能(運営委員会主催)が16日、前橋市の昌賢学園まえばしホール(市民文化会館)で行われた。高崎市出身の能楽師、下平克宏さん(写真手前右)らが、弁慶が勧進帳を読む場面で知られる「安宅あたか」を演じ、約1000人を魅了した。

 一益が城内で舞ったと伝わる「玉鬘たまかずら」も披露。狂言の「棒縛ぼうしばり」を野村萬斎さんらが公演した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事