竹久夢二の最高傑作 体感を 伊香保記念館 「黒船屋」特別公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
特別公開されている絵画「黒船屋」

 大正ロマンを代表する画家、竹久夢二の最高傑作と評される美人画「黒船屋」が23日まで、群馬県渋川市伊香保町の竹久夢二伊香保記念館で特別公開されている。県内外から訪れたファンがじっくりと作品を鑑賞している。

 黒船屋は1919年に描かれ、今年でちょうど100年を迎える。縦130センチ、横50.6センチで、和服の女性が黒猫を抱いている様子を印象的に表現している。午前11時、午後2時の1日2回の完全予約制。予約は同館サイト(http://yumeji.or.jp/kurofuneya.html)か電話(0279-72-4788)で受け付ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事