南牧育ちの花PR ミナヅキやセダム並ぶ 前橋・ぐんまフラワーパーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
南牧村で栽培された花々が並ぶ会場

 群馬県南牧村で栽培された花をPRしようと、県西部農業事務所主催の「なんもくの花」展が23日まで、前橋市のカネコ種苗ぐんまフラワーパークで開かれている。24日以降、東京都内でも展示する。

 同事務所によると、南牧村は畑の高低差や日当たり、土壌など環境が多様で、約100種類を栽培しており、発色の良い花が育つ。高齢農家が多い中、体力的な負担が少なく生産者も増えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事