20年ぶりに「岩櫃真田御輿」が登場 東吾妻でふるさと祭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 第14回東吾妻ふるさと祭(同実行委主催)が、群馬県東吾妻町のJR吾妻線群馬原町駅周辺で開かれた。歩行者天国となった原町商店街通りには多くの出店が並び、多くの人出でにぎわった。

 祭りの終盤には、20年以上使われていなかった「岩櫃真田神輿みこし」が、甲冑かっちゅうを着込んだ武者行列とともに練り歩き、会場の熱気は最高潮に達した=写真

 上州岩櫃太鼓の勇壮な演奏や、多くの町民が参加した千人踊りと阿波踊りのほか、地元の子どもたちによる鼓笛隊やダンスなど多彩な催しが会場を盛り上げた。

 昭和の名車展示会も行われ、来場者の関心を集めていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事