東武館林駅が「カルピス」デザインに 1日開館の見学施設をPR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 東武館林駅を「カルピス」デザインに―。アサヒ飲料(東京都墨田区)は、カルピス誕生100周年と、来月から一般公開が始まる見学施設「『カルピス』みらいのミュージアム」(群馬県館林市大新田町)のオープンを記念し、駅東口改札でラッピング広告を始めた。

 天の川の「銀河の群星」に由来する「カルピス」の水玉模様にちなみ、壁や柱、床などに、紺地に白い水玉で「夜空」をデザイン=写真。見学施設内の写真や事前予約申し込み用サイトが開くQRコードも描いた。

 同社は「ファンタジックで楽しい気持ちになってもらえれば」としている。12月末まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事