県産バラを使いベトナムを表現 県庁で食や文化を体験する交流祭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 ベトナムの食や文化を体験するぐんまベトナム交流祭(県主催)が4日、県庁県民ホールで始まった。米粉麺のフォーや、パンに具を挟んだバインミーの販売ブース、アオザイの試着体験が人気を集めている。5日まで。

 初日は県産バラの花びらを敷き詰め、同国を表現したアート作品が制作された=写真。同国のヴー・ホン・ナム駐日大使が来場し、山本一太知事と面会して本県との交流の活性化に期待を示した。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事