巨匠の日本画を7つの分野で紹介 高崎市タワー美術館で企画展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 日本画を分野別で紹介する企画展「日本画 そぞろあるき」が11月10日まで、群馬県の高崎市タワー美術館で開かれている。題材や趣が異なる62点が並び、来場者を引き付けている。

 画壇の巨匠、上村松園や横山大観らの作品を「山水画・風景画」「人物・美人画」「花鳥画」といった七つに分類して展示=写真。作品に込められた画家の精神性や、描かれた動植物が持つ気品など見どころをパネルで解説している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事