来年の前橋花火 9月12日に変更 五輪開催が影響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋観光コンベンション協会などは14日までに、来年の前橋花火大会の日程について、例年より1カ月程度遅い9月12日に開催することを明らかにした。

 来年8月は東京五輪・パラリンピックが開催中で、県警や民間警備会社の協力が得にくく、警備が手薄になる可能性があることが主な理由。加えて、同時期に群馬県で全国高校総合体育大会の競技が一部実施されるため、会場の確保も難しかったという。

 花火大会の実施委員会が開催可否も含めて協議し、決定した。来年の花火大会から実施委の事務局が、前橋商工会議所から同協会に移管される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事