若山牧水しのび200人「枯野の旅」朗読 中之条で「まつり」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 歌人の若山牧水(1885~1928年)をしのぶ「第63回牧水まつり」が20日、群馬県中之条町の暮坂峠にある牧水詩碑前で開かれた。牧水ファンや関係者ら約200人が、吾妻路を旅した牧水に思いをはせた。

 式典では、主催する牧水詩碑保存会の山本三男会長が「牧水が残した魅力ある歌をみんなで末永く守っていきたい」とあいさつ。暮坂峠を題材にした「枯野(かれの)の旅」を参加者全員で朗読した。地元団体などが吟詠やコーラスなど披露して盛り上げた=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事