群馬の秋 4コースで魅力を再発見 旧中山道ウオーキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 宿場町の面影が残る群馬県の歴史街道を巡る「旧中山道ウオーキング2019」(安中市、上毛新聞社主催)が9日、同市のJR横川駅を発着点に開かれた。参加者約200人が四つのコースに分かれ、秋の景色を眺めながら心地よい汗を流した=写真

 2日間の日程で四つの宿場町を歩く「中山道4宿完歩コース」(計30キロ)の最終日には約30人が挑戦。松井田宿―坂本宿を巡るBコース(14キロ)、碓氷峠の名所を見て回るCコース(13キロ)、トロッコ列車に乗車するDコース(10キロ)もにぎわった。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事