金銀鮮やかな桐生織を展示 ブロケード・カットジャカード展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 桐生テキスタイルの一時代を築き上げた桐生織のブロケード・カットジャカード展が12月1日まで、群馬県桐生市の桐生織物記念館で開かれている。1993年の中近東見本市(ジッダ、リヤド、ドバイ)に出品された金や銀など色鮮やかで豪華な生地94点が並んでいる=写真

 ブロケードは豪華な紋織物の一種であやもしくは朱子の地組織に金糸・銀糸で多彩な文様を浮き織りしたよこ二重織りの織物。カットジャカードは、織り上がった織物の縦糸と緯糸をシャーリング機やナイフ、はさみなどを使って文様を残してカットした織物。午前10時~午後5時。問い合わせは同記念館(電話0277-43-2510)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事