首里城 再建に役立てて 前橋で沖縄「組踊」鑑賞会 募金を寄付
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベイシア文化ホールで開かれた「組踊」の特別鑑賞会

 沖縄の伝統的な歌舞劇で、国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産にも選ばれている「組踊」の特別鑑賞会が23日、前橋市のベイシア文化ホールで開かれた。会場では10月31日の火災で正殿などが焼失した首里城再建のための募金が行われ、訪れた人が次々と寄付した。

 同ホールでは首里城の火災以降、今回の公演に向けて独自に募金活動を続けてきた。集まった募金は鑑賞会終了後、訪れていた沖縄県の担当者に手渡された。

 同ホールの担当者は「沖縄の文化に触れる機会を活用できた。再建に役立ててほしい」と話していた。

 特別鑑賞会では、組踊の代表的な演目「護佐丸敵討」や「老人老女」「若衆こてい節」などの琉球舞踊が披露された。鮮やかな衣装をまとった出演者による優雅な歌や踊りをはじめ、華麗な演奏に会場からは大きな拍手が送られていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事