実物大ティラノ迫力たっぷり 公民館に移動博物館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県立自然史博物館(富岡市)の移動博物館が30日、渋川市の渋川公民館で始まった。化石や剥製に触れて楽しむことができ、子どもたちの興味を引いている。1日まで。

 博物館に普段は展示していない珍しいものも含め、約100点が並ぶ。実物大のティラノサウルスの頭骨の複製は迫力たっぷりで、人気を集めていた=写真。

 初日は水や石こうを混ぜてアンモナイト化石の複製を作る体験会があった。渋川北小2年の勝田旬君(8)は「面白い。出来上がったらお父さんに自慢したい」と話し、熱心に取り組んでいた。

 午前10時~午後3時。無料。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事