リメーク着物でランウエー 桐生でファッションショー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 着物の古生地を生かしリメークした洋服のファッションショーが30日、群馬県桐生市の桐生織物会館新館で開かれた。主催した桐生きものリサイクル研究会(近藤幸子会長)の22人が自作の120点を着てランウエーを堂々と歩いた=写真

 今回のテーマは「進化する、きものリメイク」とした。絹の素材を大事にして生まれ変わったコートやワンピースなどが次々に登場。服の構造や使用した柄、素材、デザインの説明が行われると、観客から感嘆の声が上がった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事