《映画「影踏み」 想い重ねて (4)》有志で炊き出し参加 ロケ地情報を提供・茂木沙苗さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
篠原監督らのサインが入った映画「月とキャベツ」のパンフレットを手にする茂木さん

 ドライブイン七輿ななこし(藤岡市)は昭和レトロの雰囲気が漂うお気に入りの場所。篠原哲雄監督も一目で気に入ってくれた。大好きな監督の作品づくりに関わることができてうれしい。

 監督と出会ったのは10年以上前。都内で開かれた書籍の出版記念イベントで、「よかったら見に来て」と伊参スタジオ映画祭のチラシをもらった。特に映画好きというわけではなかったが、会場で映画「月とキャベツ」を見て、世界観に引き込まれた。

 以降、監督の作品は全て見ている。機会があればロケ現場にも足を運ぶ。ものづくりの裏側を知ると、作品の楽しみ方が倍増する。

 映画「影踏み」の撮影中は地元有志でつくる「影踏み応援隊」として炊き出しに参加。中之条町観光協会が作った入浴剤のイラストを手掛け、主演の山崎まさよしさんらに手渡した。さまざまな人とつながることができたのは監督のおかげ。映画によって人生が豊かになると知った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事