商店街で建築模型展 前橋工科大生が「弁天ワッセ」に初出展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市中心街の弁天通り商店街で毎月開かれるイベント「弁天ワッセ」に合わせ、通りで中高生向け有料学習スペースを運営する前橋工科大の学生が3日、同施設で建築模型を展示し、地域住民らと交流した=写真

 今年7月、同大の堤洋樹准教授の研究室が主体となり、ベンテンスタディープレイスを開設した。ワッセに出展するのは初めてで、大学院2年の広瀬朋也さん(24)は「商店街の活動に参加することで、学習スペースの知名度を上げたい」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事