群馬イノベーションアワード きょう最終審査 16組がプラン発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬イノベーションアワード2019ファイナルステージのリハーサルに参加するファイナリストら

 起業家発掘プロジェクト「群馬イノベーションアワード(GIA)2019」(上毛新聞社主催、田中仁財団共催)の最終審査(ファイナルステージ)を翌日に控えた6日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋でリハーサルが開かれた。出場者が本番に向け、ステージの立ち位置や発表内容を確かめた。

 7日のファイナルステージでは、ファイナリストに選ばれた5部門・部の計16組がプランや事業実例を発表する。

 特別講演は、無料通信アプリを運営する「LINE(ライン)」の元社長で、ファッションや美容など女性向け動画配信を手掛ける「C Channel」の社長CEO、森川あきら氏が登壇する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事