138作家の温かな作品 あすまで前橋 「愛の募金」アート展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県ゆかりの作家の絵画や工芸をオークション形式で販売する「愛の募金」チャリティーアート展2019(上毛新聞社主催)が12日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で始まった。来場者は作品との出合いを求めて、じっくりと鑑賞している=写真。14日まで。

 描き込まれた風景や静物画から、工芸、ポップアート的な作品まで、歳末助け合い運動に賛同した作家138人(物故者含む)が出品。最低入札価格は色紙、規格外が1万円、工芸が1万2000円、キャンバスが2万円。収益は上毛新聞厚生福祉事業団に寄託される。午前10時~午後5時(最終日は同4時)。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事