滝川一益しのび長昌寺能 前橋で下平克宏さんと野村萬斎さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の能発祥の地とされる長昌寺(前橋市紅雲町)で、戦国時代に能興行を行ったという厩橋うまやばし城主、滝川一益かずますをしのぶ「第6回長昌寺能」(実行委員会主催)が19日、同市の昌賢学園まえばしホール(市民文化会館)で開かれた。

 高崎市出身の観世流能楽師、下平克宏さん=写真=らが菅原道真の霊と僧正との対決を能で演じ、狂言師の野村萬斎さんは詐欺師と田舎者のだまし合いを狂言で披露。軽妙なやりとりで会場を笑いに包んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事