飾り大刀 古墳時代の息吹 かみつけの里博物館で3月まで特別展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 特別展「飾り大刀 武器からみた古墳時代のぐんま」が3月2日まで、群馬県高崎市のかみつけの里博物館で開かれ、県内の古墳から出土した約100点を紹介している=写真

 飾り大刀は刀身が反っておらず、金や銀といった希少金属で装飾されているのが特徴。26日と2月23日は専門家による連続講座が開かれる。午前9時半~午後5時。毎週火曜と4日までは休館。問い合わせは同館(電話027-373-8880)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事