織都のにぎわい再び 桐生 2016年に焼失の重伝建長屋が復活
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「重伝建を活気づけたい」と意気込む斎藤さん(右)と森さん

 群馬県桐生市本町一丁目の国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)にあり、2016年に火災で全焼した明治初期の長屋が3月7日、修復を終えて店舗兼イベントスペース「カイバテラス」としてオープンする。開業に先駆け、19日から毎週日曜に食品やアクセサリーを販売するマルシェを開く計画だ。にぎわいの復活につなげたいと地域の期待が高まっている。

 長屋は1882(明治15)年に建てられた。織物共進会の会場として利用された後、昭和初期まで織物を扱う定期市「買場かいば」として使われ、“桐生の商工業発祥の地”とされている。20年以上前から地域の交流施設「買場ふれあい館」として用いられ、長屋前の市道(買場通り)で毎月第1土曜に織物や食品などを売る青空市「買場紗綾市」を開いてきた。

 ところが、2016年6月、紗綾市を終えた日の夜に火災が発生し、東側の屋根、柱、はりなどの一部を残し焼失してしまう。所有者の北川紘一郎さん(79)は桐生の織物取引の歴史を伝える貴重な建物を残そうと、国、県、市と費用を出し合って修復し、昨年2月に外観工事が完了した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事