繭モチーフ白黒2種 3月27日開館の世界遺産センター ロゴ発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界遺産センターのロゴ

 3月に開館する群馬県立世界遺産センター「『世界を変える生糸いとの力』研究所」(富岡市)について、県は22日、ロゴマークを発表した。繭をモチーフに、略称「セカイト」を糸状の文字で描き、ローマ字表記を添えた。また、開館日を3月27日にすると決めた。

 デザインは県内の事業者に制作を依頼し、関係者で話し合って決めた。白と黒の2種で、看板やパンフレットに活用する。外国人にも分かるよう、センターには英語名称「Silk Powered Innovation Incubator」を付けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事