最後の福豆つかめ 渋川・水沢寺で節分追儺式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 「水沢観音」として親しまれる群馬県渋川市の水沢寺(山本徳明住職)は3日、節分会追儺ついな式を開き、境内は福を求める参拝客でにぎわった。

 豆まき式には年男年女とゲストの落語家、三遊亭金時さん、橘家文蔵さん、三遊亭ときんさんがかみしも姿で本堂脇の特設ステージに登場。「福は内」の掛け声で豆や菓子などを投げると、集まった人たちは一斉に手を伸ばした=写真。同寺の豆まきは今年を最後に休止する。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事