明智光秀と沼田藩土岐氏のつながりとは テラス沼田で特別資料展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 沼田藩主を務めた土岐氏と、本能寺の変で織田信長を自害に追い込んだ明智光秀のつながりをたどる特別展が18日まで、群馬県沼田市のテラス沼田内にある歴史資料館で開かれている。光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟きりんがくる」の放送中ということもあり、多くの人が訪れ、歴史に思いをはせている=写真

 会場には、光秀が沼田土岐氏の祖である定政をいとこと語ったことが記された文書や、定政に贈ったとされる「血吸銘ちすいめいやり」など貴重な資料を展示。定政が家康からもらい、戦の際に背負っていたという「勝軍しょうぐん地蔵」も並べられている。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事