雪の棚田 幻想的に 川場・冨士山地区で7000本の竹灯籠
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県川場村冨士山ふじやま地区の棚田をろうそくの火で彩る「冬×ふじやまプロジェクト2020」が8日夜に行われた。雪面などに置かれた竹灯籠7000本に地元住民らが火をともし、日暮れとともに辺りは幻想的な風景へと変わった=写真

 農林水産省が、活力ある農山漁村の実現に取り組む団体や個人を選ぶ「ディスカバー農山漁村の宝」に本年度選ばれた「冨士山集落活性化協議会」が主催した。都内の大学生らと協力し、毎年実施している。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事