先生も登場 心温まる劇 沼田東小で「星の王子さま」公演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県みなかみ町内に拠点を置く東京演劇集団「風」は14日、沼田東小の体育館で「星の王子さま」の公演を行った。同校と沼田特別支援学校の児童生徒320人や地元住民が鑑賞し、心温まる物語と演技を楽しんだ。

 児童生徒は1月に演技のワークショップで練習した歌やせりふで舞台に参加し、物語を盛り上げた=写真。劇中で王子が出会うさまざまな“大人”として同校教員が登場すると、会場から拍手と歓声が上がった。

 文化庁の「文化芸術による子供育成総合事業」の一環で、同劇団は県内の学校を巡って公演している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事