ヤマメ 大きく育ってね 桐生で園児が稚魚放流
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 桐生市新里町のすぎの子幼稚園とおおぞら幼保園の園児約240人が20日、両園近くを流れる鏑木川にヤマメの稚魚2500匹を放流し、生き物の生態を学んだ。

 園児は、群馬漁業協同組合員に教わりながら、体長5センチほどに成長した稚魚の入ったバケツを傾け、「元気でね」などと声を掛けながら川に流した=写真。小磯修之介ちゃん(5)は「大きく元気に育ってほしい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事