輝くブラック・ジャック 高崎高島屋で大黄金展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 金製品約800点を集めた「大黄金展」が26日、群馬県高崎市の高崎高島屋で始まった。総額10億円以上の仏具や食器などを展示販売している。2階玄関付近では手塚治虫の漫画「ブラック・ジャック」の等身大金箔きんぱく像が出迎え、訪れた人を驚かせている=写真。2日まで。

 「大化」から「令和」まで248の和暦元号を刻んだ小判(248枚セット5183万2000円)やキャラクターをかたどった置物などが並ぶ。金箔を1700枚使った「高崎だるま」は台座を含めた高さを西暦に合わせ、2020ミリメートルにしている。黄金の茶わんを使った茶席を体験した大和利子さん(伊勢崎市)は「金の重みを感じる。目の保養になる」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事