7メートルの作品に上ってみよう パブリックアート10日開催 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最上部に上ることができる「耳を澄ます」

 高崎問屋街の設立50周年を記念したアートプロジェクト「問ひ屋プロジェクト」(高崎卸商社街協同組合、NPO法人インビジブル主催)で作られた作品の最上部に上ることができるプログラム「特別なイチニチ」が10日、群馬県高崎市問屋町のビエント高崎で開かれる。

 対象作品は、敷地内のビッグキューブの大屋根を支える支柱に設置したパブリックアート「耳を澄ます」。木製ケーブルドラムやパレットを解体し、組合員や地域住民と共に制作した。地上約7メートルの高さの見晴らし台から町を吹き抜ける風を感じたり、町の景色を見ることができる。午前11時~午後4時。無料。雨天中止。予約不要で、参加希望者は敷地内のアートスペース「問ひ屋ラボ」へ。問い合わせは同事務局(027・361・8243)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事