久しぶりに友人と再会 小中学校で修了式 今春 3校が閉校
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県内公立小中学校の修了式が26日、各地で行われた。児童生徒が一斉休校を経て久しぶりに登校し、再会を喜び合った。新型コロナウイルス感染症の影響で、沼田、館林両市など一部地域は実施を見合わせた。

 本年度で146年の歴史に幕を下ろすみどり市の福岡中央小(加部豊校長)では、代表の児童が厳かな雰囲気の中、成績表を受け取った=写真。式後、特製のスライドショーが上映されると、子どもたちは笑顔を見せ、入学式や運動会など1年間の思い出を振り返った。

 県教委によると、県内の小中学校では本年度限りで、同小と板倉町の北小、南小の3校が閉校する。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事