ダチョウ卵でパンケーキ作り 重症心身障害児の通所支援事業所イベント 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 4月に開所する重症心身障害児の通所支援事業所「クローバービーンズ」(群馬県高崎市中豊岡町)で28日、子ども向けイベント「見て!触って!感じる!恐竜を食べよう」が開かれた。親子連れ約30人が恐竜について学び、恐竜に近いとされるダチョウの卵でパンケーキを作って食べた。

 吉岡町の恐竜博士、高橋秀明さん(35)が、化石レプリカや骨格標本を使い、恐竜と鳥の似た特徴などを解説。ダチョウの卵を割ると子どもたちから歓声が上がった=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事