火渡りで無病息災 新型コロナ終息も祈願 千代田町・光恩寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 春季不動尊大祭が28日、群馬県千代田町赤岩の光恩寺で行われ、山伏姿の僧侶が護摩たきでくすぶる火の中をはだしで歩く「火渡り」を披露した=写真

 五穀豊穣ほうじょうや無病息災を祈願する恒例行事で、新型コロナウイルスの終息も願った。寺には感染予防の消毒液を設置。来場者にはマスク着用や人との間隔を開けるなどの協力を求めた。

 途中で雨脚が強まり、一般向けの火渡りは中止した。住職の長柄行光さんは「(新型コロナの影響で)参詣者がいつもの3分の1ほどだったが、何とか終わってよかった。来年は盛大にやりたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事