五穀豊穣願って薄根太々神楽を奉納 沼田市重要無形民俗文化財
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県沼田市の指定重要無形民俗文化財の薄根太々神楽が29日、同市硯田町の菅原神社で奉納された。薄根太々神楽硯田保存会(片野日出夫会長)が笛や太鼓の音を響かせ、五穀豊穣ほうじょうを願った=写真

 例年11の舞を披露しているが、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、「天の岩戸開之舞」や「天狐之舞」など楽しそうな雰囲気の4演目に絞って奉納し、時間を短縮した。同日行う予定だった福まきやフリーマーケットは自粛した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事