一家で渋川に移住 記念植樹 練馬から古内さん 4人で里山に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 東京都練馬区から群馬県渋川市に移住した古内岳好さん(43)一家が4日、同市の小野池あじさい公園の里山に記念の植樹をした=写真。里山を管理、手入れするNPO法人渋川広域ものづくり協議会の会員らが園内を案内するなどし、一家を歓迎した。

 古内さんは旅行でたびたび群馬県を訪れ、渋川の豊かな自然や温泉、おいしい野菜に引かれたという。3月に家族4人で移り住んだ。同協議会の岸邦夫会長は前橋市のNPOの紹介で古内さんと知り合い、記念植樹を企画した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事