《Stay Home 新聞で楽しもう》人物画 生き生き21点 邑楽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会員が描いた人物画
鑑賞する人たち

 群馬県邑楽町を拠点とするデッサン会の「アート彩人物画展」が21日まで、同町新中野のアートギャラリーさいで開かれている。

 東毛地域に住む会員9人がこの1年間で描いた、鉛筆や水彩の人物画21点を並べた。ギャラリーを主宰する山本信男さんは「会員が思い思いに描いた作品で、どれも見応えがある」と話した。

 新型コロナウイルスの感染予防のため、入り口にアルコール消毒液を設置。密集、密室、密接の「3密」への注意も呼び掛ける。

 午前10時~午後6時。問い合わせは同ギャラリー(電話0276-88-2994)へ。


 ※動画は上毛新聞のYoutubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/RaijinCom/)でも見られます。外出自粛が呼び掛けられていますので、こちらの画像と動画でお楽しみください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事