岩宿、大間々両博物館が再開 企画展開催や記念品も 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

 群馬県みどり市は1日までに、市内2カ所の博物館を再開させた。岩宿博物館では、県内で発掘された装飾性豊かな焼町土器など100点を集めた企画展「華開く!ぐんまの縄文文化」が始まった=写真上。7月12日まで。

 焼町土器は長野県塩尻市の焼町遺跡から発見された土器で、突起と全体に隙間なく文様が描かれているのが特徴。渋川市の道訓前遺跡から出土の国重文指定(複製)などが並ぶ。また中空状突起が特徴の三原田式土器、五代遺跡群(前橋市)で見つかった装飾性豊かな土器なども展示している。

 大間々博物館(コノドント館)は、来場者に「ちょこっとプレゼント」を用意。サメの歯やパワーストーンなどを手渡している=同下。13日からは、福岡中央小出身の画家、遠藤燦果の作品を特別展示する。7月5日まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事