ぐんまちゃんアニメ テレビ放映目指す 「アセンション」が制作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ぐんまちゃん

 群馬県マスコット「ぐんまちゃん」の連続アニメ化事業で、制作会社が人気テレビアニメ「デュエル・マスターズ」などを手掛けた「アセンション」(東京都)に決まったことが5日、県への取材で分かった。1話7分、12話以上を制作し、テレビ放映を目指す。

◎7社から選考 ブランドを強化
 県メディアプロモーション課によると、プロポーザル方式で7社から選考した。同社の企画案を基に全体のストーリーや登場キャラクターを練っている。ただ、アニメ業界も新型コロナウイルスの影響を受けており、完成時期は未定。

 アニメ化は群馬県への誘客増などに向け、県が本年度進めるぐんまちゃんのブランド強化の一環。同日の県議会総務企画常任委員会で、同課は「日本のアニメは世界で高い評価を受けている。アニメを通じて海外にも発信し、世代や言葉の壁を超えて、ぐんまちゃんの認知度、人気を高めたい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事