山野草 表情楽しんで 嬬恋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 嬬恋高原山野草愛好会(一場清志会長)の「第37回春の山野草展」が5日、群馬県嬬恋村地域交流センターで始まった。会員16人が心を込めて育て上げた約140点が展示されている=写真。7日まで。

 会場には、キバナアツモリソウやナルカミカッコソウなどさまざまな草花が並び、花や葉の模様など、山野草のそれぞれ異なる表情が楽しめる。一場会長は「コロナウイルスで大変な時だが、花を見て気を休めてほしい」と話している。展示のほか、山野草の即売会や抽選会も行っている。
 午前9時~午後4時。新型コロナウイルスの感染防止対策として、来場者の検温や会場の消毒などを徹底している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事