上野三碑かるた制作の裏話語る 高崎・多胡碑記念館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 上野こうづけ三碑かるたの制作過程を語るギャラリートーク(同碑普及推進会議主催)が6日、群馬県高崎市の多胡碑記念館で開かれ、角田真也市文化財保護課長が、訪れた約20人に制作の裏話を語った=写真

 角田課長は読み札に7000件近くの応募があったことを明かし、採用した史跡を詳しく解説。「専門家と議論を重ね質の高さにこだわった」と振り返った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事