ポスターやうちわでコロナ予防啓発 高崎の阿部さん、松村さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの感染予防のため、詩人の阿部文孝さん(51)=群馬県高崎市矢中町、写真右=とグラフィックデザイナーの松村タケシさん(53)=同市寺尾町、写真左=が、標語入りポスターとうちわを製作する。

 阿部さんは人物の名前を頭文字とした「名前詩(ポエム)」を作り、インターネット通販サイトなどで販売している。この経験を生かして標語を考え、知人の松村さんにデザインを依頼した。

 標語は「まけるなたかさき」の各字を頭文字として、「『ま』すくは必ず着用してね」「『け』んこう維持は手洗いうがい」などと書かれている。ポスター500枚、うちわ2000枚を作り、7月上旬に配布する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事