朔太郎「夜汽車」テーマに朗読劇 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 萩原朔太郎の詩「夜汽車」を題材にした朗読劇「夜汽車の人」が16日、前橋市の前橋文学館で県内の大学生や教諭ら11人によって初上演された=写真。11人は朔太郎の愛と生涯、葛藤を、巧みな語りで表現した。

 朔太郎が思いを寄せ、作風に大きな影響を与えたとされる女性「エレナ」との出会いと別れを描いた物語。劇作家の菊田一夫さんの戯曲を原作に、演出家の丸山博一さんが朗読劇として再構成した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事