東日本大震災 復興願う歌声 福島出身の牛来さん 太田でライブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 東日本大震災のため太田市で避難生活を送る福島県浪江町出身のシンガー・ソングライター、牛来ごらい美佳さん(34)の「復興支援チャリティーライブ2020in OTA~いつかまた浪江の空を~」が20日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信された=写真

 牛来さんは、古里への思いと未来への希望を込めた代表曲「いつかまた浪江の空を」をはじめ、新曲「菜の花のきみへ」や「帰ろうか」「願い」など10曲を歌った。

 同県南相馬市で復興支援に当たる市民団体「福興浜団」の行方不明者の捜索や、「悲しい場所から楽しい場所へ」と菜の花畑に迷路を作って開放する取り組みなどを映像で紹介した。

 ライブは有志でつくるG-namieプロジェクトの主催。2018年から年1回開き、今回が3回目。太田市民会館での開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、無観客にして歌声を届けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事