日暮れ、夜明け伝統色で 前橋の飯島夫妻 都内でテキスタイルの個展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「手描きプリントの手法で創作した作品を楽しんでほしい」と話す飯島浩さん

 テキスタイルデザイナー「AKA+H(アカ)」として夫婦で活動する前橋市の飯島浩さんと美弥さんの個展が25日、東京・西荻窪のギャラリーMADO(マド)で始まる。手描きプリントで生み出された作品300点を展示する。30日まで。

 個展は「トワイライトカラー」をテーマに、日暮れや夜明けの色合いを、日本の伝統的な色を使って表現している。会場にはハンドバッグやポーチ、服飾小物など多彩な作品が並ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事