コロナ収束 風鈴に願う 昭和・あぐりーむで「風鈴七夕まつり」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 涼しげな音を響かせる青銅の風鈴が、群馬県昭和村森下の道の駅「あぐりーむ昭和」の回廊に飾り付けられ、吹き抜ける風に揺れている=写真

 1日から始まった「風鈴七夕まつり」と題した企画で、来場者が「コロナが収束しますように」などの願いを込めて書いた短冊を係員が風鈴に取り付けている。7日まで。新型コロナウイルス対策の一環として、風鈴の数は例年の3分の1程度に減らしている。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事