「八ツ場あがつま湖」湖名刻んだ碑除幕 命名者に感謝状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 3月末に完成した八ツ場ダム(群馬県長野原町)のダム湖「八ツ場あがつま湖」の湖名碑披露式が7日、同町の八ツ場ダム管理支所で行われた。関係者ら約40人が出席し、命名者のうち2人に感謝状が手渡された後、湖名を刻んだ碑を除幕した=写真

 湖名は八ツ場ダム水源地域ビジョン協議会(会長・萩原睦男町長)が公募し今年1月に決めた。命名者の和喰博司さん(58)=さいたま市=は「高崎市に住んでいた時に八ツ場ダムに興味を持った。選ばれるとは思わなかった」、宮崎雅夫さん(66)=同町長野原=は「考えた湖名が付き大変光栄に思っている」と話した。湖名は元町長の高山欣也さん(77)が揮毫きごうした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事