新型コロナで運休 3カ月ぶりSLの雄姿 JR横川―高崎間の運転再開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
横川-高崎駅間で運行を再開した「SLぐんまよこかわ」

 群馬県のJR東日本高崎支社は11日、4月から運休していた蒸気機関車(SL)が牽引けんいんする臨時列車の運行を再開し、「SLぐんまよこかわ」が横川―高崎駅間を走った。安中市の横川駅では雨の中、乗客らがSL「C61」と記念写真を撮るなどして楽しんだ。

 大型観光企画「群馬デスティネーションキャンペーン」(4~6月)を盛り上げる予定だったが、新型コロナウイルス感染症予防のために運転を見合わせていた。

 9月26日までの土、日曜、祝日に不定期で高崎と横川、水上の各駅間を運行する。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事