性暴力被害なくそう 高崎駅前でフラワーデモ コロナ後初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 性暴力事件の無罪判決が相次ぐ現状などに抗議する「フラワーデモ」が11日、群馬県のJR高崎駅前で開かれた。新型コロナウイルスの影響で3月以降はオンライン形式などに切り替えたため、同所で声を上げるのは5カ月ぶり。集まった人たちは抗議を示す花やプラカードを手に、参加者の訴えに耳を傾けた。

 群馬県主催者の田嶋みづきさんは、職場でパワハラを受けた体験を告白。元TBS記者からの性暴力被害を訴えたジャーナリスト、伊藤詩織さんの言葉を引用し「(性暴力を)世の中の誰もが受けている可能性がある」と語り掛けた。

 デモは昨年4月以降、毎月11日に全国各地で開催。県内では昨年9月から同市でほぼ毎月行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事