園児の「夢」輝く手製のキャンドル 太田・あすなろこども園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県太田市只上町のあすなろこども園(倉嶋慶秀園長)は10日夜、手製のキャンドル約500個で闇夜を照らす初の行事「星空のつどい」を同園で開いた=写真。5歳児23人が参加し、幻想的な雰囲気の中でともしびを眺めたり、記念写真を撮ったりして思い出をつくった。

 キャンドルは、園児と保護者らがガラス瓶を使って手作り。将来の夢や目標を書いたり、動物や花の絵を描いたりした紙を巻き付けて完成させた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事